骨盤のしくみと骨盤矯正の必要性について - 神戸市東灘区御影の整体院|オステオパシー整体 poco a poco

神戸市東灘区御影の整体院 オステオパシー整体 poco a poco

営業時間:10:00~応相談|定休日:日曜・祝日

骨盤のしくみと骨盤矯正の必要性について

骨盤〈男女)骨盤は全身の中心にあり、上は背骨、下は股関節につながっていて、全身を支える土台のような役割をしています。

腸や子宮、内臓を包み込むような形をしており、写真のように腸骨や仙骨、恥骨などが組み合わさって成り立っており、また、骨盤の内側には生殖器があり、生理や出産も骨盤と深い関わりがあることは、女性であればよくご存知なことと思います。

骨盤がずれたりゆがんだりしたままの状態でほおっておくと、内臓や生殖器が直接影響を受け、便秘や下痢などの不調を招いたり、ゆがみが原因で血行不良になり、冷え症や生理不順になったりすることも出てきます。

骨盤は上は背骨(脊柱)、下は股関節と繋がっていると述べましたが、つまり骨盤は、上半身とも下半身とも繋がっており、全身に影響を及ぼすような重要な身体の一部なのです。

ですから、身体の土台である骨盤がゆがんだりねじれていたりすると、人のからだは繋がっている上半身、下半身ともにその骨盤の良くない状態に対して身体を立て直すべく歪まざるを得なくなってしまいます。

人の身体はすべてつながっていて一つのユニットになっていると言われていますので、全身に支障をきたすような不調が現れてくることになるのです。

ですので、骨盤のゆがみを改善する際には、骨盤だけでなく骨盤の影響を受けている背骨や首など身体全体を一緒に整えてあげることが重要になってきます。

例えば、猫背は肩、O脚は脚を調節すればいいのかと思われがちですが、実は骨盤の状態が原因で肩や股関節に負荷がかかり、姿勢が悪くなっている場合もあるのです。

骨盤とは一見関係なさそうな外反母趾も、靴が原因の場合以外にも、骨盤やそれに繋がる背骨、股関節が一因の場合もあるのです。

このように、骨盤は多くの部位と関わりがあります。それゆえ骨盤ダイエットという言葉があるほど、骨盤の状態次第で身体が大きく変わるのですが、実は骨盤だけを調整するのではダイエットとしての効果や身体を整える効果としては非常に薄く、骨盤と繋がっている背骨や肩、股関節や首などといった身体全体を同時にちゃんと調整して初めて最大限の効果が発揮されるのです。

 

産後の骨盤矯正については特に気にされる女性も多いかと思います。

産後すぐに骨盤矯正したほうがいいのか、しばらく落ち着いてからしたほうがいいのか、というご質問をいただくこともあります。

産後、開いた骨盤は個人差はあるかと思いますが、2か月ぐらいかけて元の閉じている状態に戻っていきます。

骨盤が開いたまま(全く閉じていないという訳ではなく元の状態まで閉じきれなかった)ですと、内臓が骨盤の中に落ちてきて下腹部が出てきたり、お尻も大きく更に余分なお肉までついてしまったり・・・という状態になってしまいますので、助産師さんからも最近はきちんと指導していただけると思いますが、きつく締めすぎない程度にコルセットやさらしで骨盤を締めて閉じていく補助をしてあげてください。

痛みや違和感を伴わずに順調にご自身でケアが出来ているようであれば、産後すぐに慌てて骨盤の矯正をされる必要はないかと思いますが、元に戻る際にずれたりゆがんだりしてしまったために、痛みまたは、痛みのようにはっきりとは現れなくても先にも述べましたように内臓や生殖器への不調を招いたり、血行不良や冷え性などマイナートラブルを引き起こすことも考えられるので、一度ご自身の骨盤がどのような状態にあるかを確かめられ問題があるようでしたら、良い状態に持っていくようにされるのがベストと考えます。