症例CASE14 - 神戸市東灘区御影の整体院|オステオパシー整体 poco a poco

神戸市東灘区御影の整体院 オステオパシー整体 poco a poco

営業時間:10:00~応相談|定休日:日曜・祝日
神戸市東灘区御影の整体院|オステオパシー整体 poco a pocoの症例集

症例CASE14 

10代 女性 歩行、走行時の股関節周り、坐骨、恥骨痛

部活で短距離走の選手である高校生の患者様でした。1年以上前から、走ったり日常生活で歩いたりする時でも、坐骨(お尻の骨付近)や股関節の前側、外側、時によっては恥骨にまでキーンと響くような痛みが走り、日常生活並びに部活もその響くような痛みのために思ったように出来ず、病院、整骨院、カイロプラクティックや鍼、気功など治癒する可能性のありそうなものは10か所以上色々と試されてきましたが、結局痛みが取れないとのことで来院されました。
股関節などには特に目立った問題はなく、ただ、脊椎(背骨)の土台となっている仙骨が大きく傾き捻じれており、さらに骨盤も大きく捻じれているために、骨盤、股関節周辺の筋肉や靭帯がこわばってしまい、少しの動作でも響いてしまうほど腰回りの柔軟性がなくなってしまっていました。
異常が出だしてからかなりの時間が経っていたため、矯正しても身体自身が引き戻す力も強く、最初のほうはかなり間隔を詰めて来院していただきました。
毎回全身の矯正は致しますが、特に腰回りのねじれ、つまり骨盤の一つである仙骨含め、骨盤の傾きとねじれを毎回完全に取ることで正常な状態にしていき、ねじれることで引き起こされてしまった腰回りの緊張を緩めていくことに重点を置いていくように施術していきました。
引き戻されたりの波もありましたが、痛みを感じない日が少しづつ増えていき、今は日常生活では支障なく、部活で走っても少し違和感を感じる時はあるものの、以前のように痛みが強くでることもなく普通に部活をされており、これからは月1度のペースでメンテナンスに通われるとのことです。

オステオパシー整体 poco a poco お問い合わせ